くまの本棚

文房具だと・・・♡

 文房具 が付録 だと…買っちゃうよねー✌
 大人MUSE5月号 COACH のハードカバーノート、ボールペン、クリアファイル 3つの結構豪華版✨
使える!

170329_frk


| | コメント (0) | トラックバック (0)

くまの本棚 2016年9月号

 好きな作家さんの文庫がたくさんでた先月。
 思った以上に読書進んだ❤

 今月もタイトルクリックでAmazonへ。


燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿/篠田 真由美
学生時代から読んでいたシリーズがいよいよラスト!!!
なんかいろいろ感慨深くて、登場人物たちのその後を祈ってしまう。


水底の棘 法医昆虫学捜査官 /川瀬 七緒
 こちらもシリーズ。
 赤堀先生が菅野美穂ちゃんに脳内変換されちゃって頭の中で完全ドラマ化(笑)!
 1作目の刑事コンビ復活~!!
 ちょうどエグいとこもあるけど、相変わらず読みやすい。


ビタースイートワルツ/小路 幸也
 喫茶店マスターが巻き込まれるシリーズ3作目。
 このシリーズの登場人物、みんな魅力的なんだよなー。
 特に主人公のダイちゃん!全然タフガイじゃないヒーローポジションって、おもしろい。
 弓島珈琲の常連になりたい(笑)!


ヒポクラテスの誓い/中山 七里
 もうすぐドラマ化される原作。(私はレンタル待ちだけど・・・・)
 法医学教室が舞台のミステリ。
 さすがにこの作家さんのは読みやすいな。
 次回作も期待度上がる!


本日は大安なり/辻村 深月
 ずーっと積ん読しちゃってたのをようやく。
 あー!あの人たちが出てきてるなんて!!
 この作家さんはそういう「繋がり」がちょこっと出てくるのが楽しみで、嬉しい。
 ホテルの結婚式場が舞台のグランドホテル方式のストーリー。
 読後感が最高にいい❤
 全く関係ないけど・・・・・このストーリーの舞台、11月22日、くみよの誕生日・・・。

 いよいよ読書の秋到来!!
 たくさん読めるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くまの本棚 2016年5~6月号

 先月は沈没していたのですっかり忘れてたくまの本棚
 2ヶ月まとめてご紹介!

 今回もタイトル、もしくは巻数クリックでAmazonへ。
 表紙やお値段はそちらでチェックしてね♪

‎翻訳できない世界のことば/エラ・フランシス・サンダース 訳:前田まゆみ
 他国のことばではなんか違うねん!という微妙なニュアンスの単語を紹介する素敵な1冊✨
 この本こそが「CMMUOVERE」!!


ラスト・ワルツ/‎柳 広司
 ジョーカー・ゲームシリーズ最新文庫
 誰がだまされてるのか、誰が敵か味方か、読んでる方も予測不能の短編集。
 1つずつゆっくりと読んでいくつもりが、気付けば一気読み!


シャーロック・ノートII 試験と古典と探偵殺し/‪‎円居 挽
 こちらも探偵養成高校のひとくせもふたくせもある学生たちが出てくるシリーズもの。
 表紙の絵のイメージとは違って本格的なミステリ。
 じっくり腰を据えてどうぞ。


星籠(せいろ)の海()/‎島田 荘司
新本格ミステリの作家さんたちがこぞって敬愛する本格ミステリ作家、にあげる島田荘司にとうとう手を出してしまった!
 玉木宏主演の映画が気になってるのでフライング。
 もっと難しいと思っていたけど、しっかりとエンターテイメント★
 瀬戸内海を舞台に歴史、地理、新興宗教などをちりばめた、こちらも止まらないミステリ!!
 読んでよかった!!

ロシア幽霊軍艦事件 名探偵 御手洗潔/島田 荘司
 ↑を読んでから、やっぱり読み続けてしまったシリーズ。
 新しい方を読んで、徐々にさかのぼってみようかな。
 箱根の湖に現れたロシアの軍艦が写った写真の謎からロシアの最後の皇女、アナスタシアをめぐる壮大なミステリ。
 御手洗潔初心者でも非常におもしろい!!


新しくシリーズや作家さんの本を読み初めたのでしばらくは読むものに困らないー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くまの本棚 2016年4月号

 ちょこちょこ読めてた3月♪
 今月もタイトルクリックでAmazonへ。
 お値段や表紙はそちらでチェックしてね~。

☆‪‎ベースの10着であこがれに近づくCOORDINATE LESSON‬‪/いわたまい
 インスタで知った元アパレルデザイナーさんのコーデ集。
 コーデはもちろんイラストが素敵だし、参考になるのばかり!
 シフォンスカート、トレンチはすぐにでも取り入れたい!!
 オシャレになれるといいなぁ・・・♪


☆‪3/1の服で3倍着回すパリのおしゃれ術‬‪/‎米澤 よう子
 パリに住んでいたときに学んだ米澤さんのおしゃれ哲学書。
 ちょっと最近、パリテイスト+米澤さんのオリジナルテイストが加わってる気もするけど(笑)。
 こちらもイラストが素敵です✴
 それでも、新しい服、欲しいもんねぇ。


☆‪‎暗殺者ソラ:大神兄弟探偵社‬‪/里見 蘭‬
すっかりハマった大神兄弟探偵社 シリーズ2作目。
トラップかかったときの「そっちかー!」が気持ちいい☆
コミックに近い読み心地❤


☆‪誘拐サーカス/里見 蘭
 こちらはシリーズ3作目。
 怪我の度合いもスケールもアップ!
 早く次、出ないかな~♪


☆‪‎銀髪少女は音を視る‬ ニュクス事件ファイル/天祢 涼‬
 「キョウカンカク」‬以降出ないなぁ、と思ってたらレーベル変わって再登場!
 本格ミステリじゃないけどね。
 それって・・・っていうのもあるけどね。
 これもコミック的な感覚でサクサク読めるのがいいかな。


マツリカ・マジョルカ/‎相沢 沙呼
 イケテナイ高校生男子が廃墟に住む先輩らしき謎の女子高生に翻弄される、青春日常ミステリ。
 冷めた目で同級生を見て、あの人たちとは違うんだ、と思いながらちょっとずつ近づいて・・・でも、思ったほどみんな冷たくないんだよね。
 


最近、ライトノベル風のレーベル多いよね。
イラストが萌えっぽすぎて買うのちょっと恥ずかしいわ😅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くまの本棚 2016年3月号

 また面白いシリーズに出会った♪
 積み本は減ってないけど・・・・楽しい☆

 今月もタイトル、もしくは巻数クリックで、Amazonへ。
 お値段や表紙はそちらでチェックしてね。

☆‪‎怪しい店‬/‪‎有栖川有栖‬
 文庫縛りの禁を解いたらもうトマラナイ(笑)!
 ドラマのエピソードで知らないのがあったからつい。
 フライングしてよかった。
 ドラマだとかなりあっさりだから。
 「潮騒理髪店」が秀逸!!


ONE PIECE STRONGWORDS2/‪‎尾田栄一郎‬ ‪‎内田樹
 ONE PIECEの名台詞集。
 もちろん熱い言葉がたっぷり。
 でも私のお気に入りは・・・
 「戦意を失って背中を向けた敵なら怖くはないのよ!


☆‪うせもの宿‬(123)/穂積
 新作が出ていると気になる漫画家さん。
 めちゃくちゃ少女漫画、なわけじゃなくてちょっと大人な雰囲気できゅうっとくる感じのストーリーいいなぁ。
 派手さはないけどじわじわくる。
 新作出たらまた買いそう。

☆‪‎大神兄弟探偵社‬/‎里見蘭
 コミックや映像作品のノベライズをいていた作家さんだけあって、まるでドラマを見ているよう!
 シリーズ一気買いしてよかった~。
 読むペースが最後まで落ちない。
 本格でミステリではないけど、エンターテイメント!
 こんなシリーズ大好き♥❤

 シリーズまとめて買ったおかげで、読書は進んでおります(笑)。
 積み本が1つでも減りますように・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くまの本棚 2016年2月号

 またあんまり読めてない。
 積み本、減らないなぁ・・・。

 今月もタイトルクリックでAmazonへ。
 お値段や表紙はそちらでチェックしてね~。

☆‪幻坂/有栖川 有栖‬‎‬
 絶賛ドラマ化中のシリーズとは別の「天王寺七坂」をモチーフにした短編集。
 ホラーともミステリとも違う幻影的な不思議なストーリーばかり。
 この作家さんのホラーはじわじわくるから、夜中に目が覚めた時にふと思い出したりして怖くなる(笑)。


☆‎旅鞄(トランク)いっぱいの京都 ふたたび/堤 信子‬‎‬
 京都の文具旅ガイド、第2段。
 前作は奈良がバーターだったんだけど、さすがにもう奈良のネタはないか(笑)!?
 今年中に前作と合わせた京都歩きしたい!!
オコヅカイ👛たくさん持ってかないと(笑)!


☆‪‎パリのショーウィンドウ、パリのショップインテリア/エクスナレッジ
「お店をするなら…」(しないけど)、「マンション買ったら…」(買えないけど)なんかの妄想力がたくましくなる一冊❤
見てるだけでも、楽しい!けど、また行きたいなぁ♪
 今月の現実逃避本。
 この本の中に入りたいくらい(笑)!!


 最近は「読書好き」とは言えないくらいの読書量。
 読みたい本がないわけじゃないんだけどなぁ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くまの本棚 2016年1月号

なんだかんだと読めずにいた12月。
でもおもしろい本と出会えた1年でした。

今月もタイトルクリックでAmazonへ。
お値段や表紙はそちらでチェックしてね。

鍵の掛かった男/有栖川 有栖
文庫待ちの禁を破って自分へのクリスマスプレゼント、と買ったハードカバー。
今まで読んだミステリの中でも異色。
これはハードカバーで読む価値大いにアリ!!
読者ががんばれ!と応援したくなるアリスの1人捜査から、真打ち登場!とばかりに後半は加速。
大阪、中之島が舞台でこの辺りかな、と考えながらもったいなくて、ゆっくりと味わいながら読了。
これは何度も読み返します!

下鴨アンティーク 祖母の恋文/白川 紺子
シリーズ3作目は奈良、大和郡山からスタート。
知ってる場所が出てくるのはやっぱり楽しい。
シリーズ進んでちょっとずつ、登場人物の過去や繋がりが変わったりして。
京都の着物と骨董ファンタジー。

ネオカル日和/辻村 深月
辻村深月のエッセィ&短編集。
電車の中で読んでたら、エッセィなのに、つい涙腺が壊れてしまいそうになった。
なんでかなぁ。
うらやましいのか、感動したのか…自分の感情なのによく分からない。
ただ単に文章がツボなのか?


年末にかなりの本を処分したのだけれど、きっとまた増えるだろうなぁ。

今年も楽しい読書タイムが持てますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くまの本棚 2015年12月号

 今年読んだ本でおもしろかったランキングがそろそろ決まってくるこの季節。
 一気にランキングを駆け上がった1作に出会った先月。
 読了後にしばらく浸りたくて読書が滞る、という(笑)。

 今月もタイトル(もしくは巻数)クリックでAmazonへ。
 お値段や表紙はそちらでチェックしてね。


論理爆弾/有栖川 有栖
 探偵ソラシリーズの3作目。
 今回はミステリの王道、クローズドサークル!
 少し頼りなげな孤独の少女探偵(見習い?)が失踪中の母の消息を求めて出た旅先で事件に巻き込まれて・・・
 日本が分断された架空の日本のミステリ。
 今回はホッとする展開もあって思わず「ソラよかったね」と言いたくなるラスト。
 一人前の探偵になるまで見守れるかな?


夜の底は柔らかな幻)/恩田 陸
 こちらも某地方が独立した架空の日本のミステリ。
 もう独特な恩田ワールド健在!
 これだけでも引き込まれてドキドキしてしまう。
 内容は一言ではとても言い表せないけど、読んでいる間は頭の中がハリウッド映画みたいに映像がばんばん浮かんでくる。
 あの人はこの俳優・・・・とか考えてしまって、すっかり脳内映像化(笑)。
 超能力、アクション、バトル、ミステリ、サスペンス、そして少しの恋愛と裏切り・・・・エンターテイメントの要素がたくさん!
 何度も読み返したら、きっと違った部分が気になるはず。


きのう何食べた?11)/よしなが ふみ
 相変わらずのおいしいコミック♪
 それぞれがそれぞれの生活や周囲の人たちの状況の変化がリアル。
 こんなに生活感のある物語はめずらしいな。


 まだ少し読了後の幸せ感に浸ってます・・・。
 読むのいっぱいあるんだけどなぁ・・・・。

 今年の年越しはどの本かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くまの本棚 2015年11月号

 一気に寒くなって秋を通り越した?って日も。
 ドルチェグストでカプチーノとかチョコチーノ淹れて、ゆ~っくり読書楽しみたいよね~♪

 今月もタイトルクリックでAmazonへ。
 お値段や表紙はそちらでチェックしてね。


I NEED MORE SHOES/JUJU
 JUJUのシューズ愛がたっぷり詰まったフォトブック。
 12㌢以上のハイヒールが戦闘靴、というJUJUの芸術的な靴がいっぱい!!
 あんなに高いヒールで歩いて歌えるなんて・・・カッコいい☆


無痛/久坂部 羊
 今やってるドラマの原作本。
 ドラマはちょっと超能力っぽいけど、原作はそうでもない。
 読みやすくて一気読み。
 シリーズ、なのかな?


迷宮庭園 華術師 宮籠彩人の謎解き/篠田 美季
 前に1冊読んだのは、実は2作目だったのね。
 こっちがシリーズ1作目。
 ミステリ、というよりはお花にまつわるファンタジー?
 読みやすいのでお花が好きな人はぜひ読んでみてほしい!


花想空間の宴 華術師 宮籠彩人の謎解き/篠田 美季
 2作目をスキップしての3作目。
 シリーズが進むとちょっと事件が血なまぐさくなってきたかも・・・(笑)。
 でも、こちらも軽め。
 ミステリ苦手だけど、お花が好きな人、オススメ。

 やっぱり読書は寒い時期の方がはかどる気がするな~。

 さ、カプチーノ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くまの本棚 2015年10月号

 本格的な読書の秋☆
 進んでるような・・・進まないような・・・・

 今月もタイトルクリックでAmazonへ。


K.K closet スタイリスト菊池京子の365日 Autumn-Winter[10.01-03.31]/菊池 京子
 スタイリストさんのリアルコーディネートの写真集。
 このスタイリストさんのスタイリングはどれも好きなことに気づいて、「ないわ~」っていうのが1つもなかった。
 好みの問題だから正解っていうわけじゃないけど、自分の好みがなんとなくわかった感じ。
 ・・・おしゃれさんには程遠いけどね(笑)。


黒影(かげ)の館 建築探偵桜井京介の事件簿/篠田 真由美
 建築探偵シリーズもラスト1冊まできた!!
 新書版ではとっくに終わって新シリーズまで始まってるらしいけど、文庫LOVERなのでじわじわと待ってます。
 いよいよ過去が明かされる今作。
 ハングオーバー的な終わりがなんともじれったい!!
 あ~、フライングしちゃいたい。


憂いなき街/佐々木 譲
 道警シリーズ最新文庫。
 それぞれの人との関わり方がちょっとずつ動き始めて・・・。
 それぞれが独立した話なんだけど、ちょっとずつ1冊目から読み返したくなるようなつながりも。
 このシリーズはいつも一気読みしたくなるからお休みの前の日の深夜にどっぷり♪


河原町ルヴォワール/円居 挽
 京都が舞台のルヴォワールシリーズ完結。
 衝撃のオープニングから、えー!?の連続。
 シリーズ全部が「そうきたか!!」だったのが今回は一番大きなびっくりマークを付けたい(笑)!
 ああ、楽しかった!!


異人館画廊 幻想庭園と罠のある風景/谷 瑞穂
 こちらもシリーズ最新作。
 図像学の絵画なんて気になるけど、きっとワタシめっちゃ影響されると思うわ。なんせ単純。
 相変わらずおじょーさまにはイラっとするけど、読みやすい美術ミステリなのはありがたい。
 舞台になってるのも神戸だから、「ああ、あの辺りね」と分かるのもうれしい。


 シリーズがたくさん出た時は気になって読書も進むってもんだ。
 このペース、維持したい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧